新着トピックス
  • 地球環境を戦争から守るために、憲法改悪・9条改訂に反対するアッピール

     現憲法は、第二次大戦の反省のもとにつくられ、何度もの戦争がアジアでも展開されましたが、憲法9条で日本の自衛隊員も一人も戦争で死なずに70年が経過しました。
     しかし、安倍首相の進める改憲は、この戦争行為を時の政府がフリーハンドで出来るようにしようというもので、日本国憲法を変えるのは今しかないと、改憲日程を建てそれに向けて自民党案を提示するためスピードを上げて準備しています。

     私達は、平和で住みやすい生活環境を守り、公害をなくす立場から、大阪の地で半世紀近く運動を継続してきました。「戦争は環境破壊をもたらす、最大級のもの」と考え、この立場から今回の安倍首相が進めようとする憲法改悪には反対します。私達は日本の国土の住みやすい環境が破壊されようということには断固反対します。

    >>続きを読む

  • 国際万博加盟国へ カジノ万博反対の要請をしました。

     大阪から公害をなくす会は、「カジノ問題を考える大阪ネットワーク」の呼びかけにより、別紙の様な要請文(英文)を、国際万博を決める委員国である、19か国の日本大使館あてに別紙の文章を送りました。

     皆様も是非、それぞれの立場で吟味して意見を表明しましょう。

    > 国際万博加盟国へ カジノ万博反対の要請をしましょう
    > 要請文(英文)

  • 第46回公害環境デーのご案内

    公害環境デーは無事に成功裏に終わりました。

    1.日時 2018年1月27日(土)10:00から16:30

    2.場所 エルおおさか南館ホール他

    3.特別講演 「頻発する異常気象と地球温暖化」
    講師 森田 隆生 (国交労組 関西気象支部副執行委員長)

    「集中豪雨、巨大台風、線状降雨帯、竜巻などが頻発し、各地に甚大な被害を発生させています。気候変動・温暖化と関係があるといわれ、日本も亜熱帯化してきているといわれます。先の気象研究所での長期予測研究から「猛烈な台風が日本近海で増える」と公表しました。

    「異常気象」が30年に1回以下のかなり稀な現象であるのに対し、「極端な現象」は日降水量100mmの大雨など毎年起こるような、比較的頻繁に起こる現象まで含んた言葉として使われています。こういう中で、今一度大阪をはじめとする状況はいったいどうなっているのか、気象台の専門家から分かり易く話していただきます。

    府民の側もこの機会に「正確な知識を身に着け、自らの命は自ら守る」ことが求められている。そして、この大阪で、府民に正確な情報を速やかに情報を流せる体制、災害を防止する体制をしっかりと考えて、安心・安全な大阪を求めていく機会にしたいと思います。」

    >>上記PDFダウンロードはこちら

  • 12月16日 「エネルギー基本計画とは」 学習会の案内

    当会は共催団体です。定員は80名です。事前申し込みをお願いします。

    とても大事なテーマです。

    国の中長期エネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」を見直すための議論が、経産省の分科会で8月末から始まりました。
    会議では原発の新増設の必要論が多くの委員から相次いで出され、脱原発を主張する委員はただ一人という状況です。
    再生可能エネルギーは?石炭火力は?原子力は?パリ協定の目標を実現するためにCO2排出量を削減し、安全で安心な暮らしをするためにあるべきエネルギー政策とは…。
    第5次エネルギー基本計画は日本の将来を左右する重要な計画です。
    講師に大島さん、高村さんを迎え、エネルギー基本計画の歴史と、議論が始まった第5次エネルギー基本計画の内容とその問題点を学び、将来あるべきエネルギー政策を考えます。

    ...続きを読む
過去のトピックスへ
サイト更新情報
第46回公害環境デー
行事案内
おすすめBOOK