新着トピックス
  • 第44回公害環境デー実行委員会ニュース

     第44回公害環境デーを本年1月30日に開催致しました。

     開催に際しましては、各種団体、法律関係事務所、議員団、個人など多数のご支援をいただき、ありがとうございました。今年は、例年を上回る200名を超える参加で無事開催することができました。

     近年、公害環境デーの午前は分科会を開催し、その時々の課題を掘り下げて学び、討論する企画を行っています。

     午後の全体会では、公害問題に早くから取り組み、学問的立場から研究してこられ、一昨年「戦後日本公害史論」を出版されたことを受け、今回はぜひとも宮本憲一先生の話を聞きたいということで、無理なお願いをしました。多忙な日程の中、快く受けていただきご講演いただきました。

     宮本先生からは、改めて大阪の地で環境や文化の住民運動を再生し、新しい市民の動きと共同して、都市格のある大阪を再生していくべしという、展望を示していただき、我々の取り組みとしても念頭に置いた運動展開をしていく必要性を認識させられました。

     今回、実行委員会ニュースを作成し、公害環境デーの集会の内容を、ご支援いただいた皆様に報告させていただくことにしました。

     本先生の講演の概要と、3つの分科会の内容、全体会の特別報告などを掲載しています。お読みいただき、ご意見などいただければ、当会の活動に生かしていただきたいと考えています・・・>続きを読む

  • 第21回 環境学校のご案内

    「大阪から公害をなくす会の恒例の環境学校を、来る9月17日(土曜日)に開催します。
    テーマは、「温暖化防止と再生可能エネルギー推進のために自分に何ができるか一緒に考えましょう。」です。

    >詳細はこちら

     


     

  • <変わらずお支えくださる皆さまへ>原発賠償関西訴訟原告の森松明希子です。

    皆さま、昨日は本当に暑くて長い一日を、満席の傍聴席、満席の報告集会にて原告、避難者とともにお力を結集させてくださいましたこと、心から感謝申し上げます。
    貴重な夏休み期間に、原告だけでなく、傍聴に来てくださった方々のお子さん連れの多さに、同じこの国で子供を育てる一人の母親として希望と力が沸く思いでした。
    大人もこどもも、老いも若きも、思いを一つに大阪地方裁判所の裁判期日に合わせてくださいましたこと、本当にありがとうございます。

    また、何よりも、期日以外でも、チラシを作ったり、SNS等で、広く裁判の意義を広めてくださったり、裁判の意義や理解を深める集会等開催してくださったりと、裁判当日を迎えるまでにも多くの皆さまのご尽力をいただいておりますこと、改めまして感謝申し上げます。
    本当に、皆さまが思っていらっしゃる以上に私たちは、お支えくださる皆さまお一人お一人の行動、お言葉に力と勇気をいただいております。そして昨日は希望もいただきました。

    ...続きを読む
  • 原発賠償関西訴訟サポーターズの事務局よりの情報です。「第10回期日2016年8月4日裁判応援へのお礼と報告」

    2016年8月4日の裁判につきまして、お越しいただいた皆さま、応援してくださった皆さま、ありがとうございます。さきほど、原告団代表の森松明希子さんよりメッセージがありましたとおり、沢山の方が集まってくれました。傍聴券の抽選には、142名の方々が並んでくださいました。毎回裁判前に行う淀屋橋での宣伝行動。1時間繰り上げてのチラシ撒き、募金呼びかけ、宣伝行動には、原告の子ども達も参加しました。

    集会で毎回お伝えしていますが、集まったカンパのお金は、チラシの印刷代やチラシの発送費に使わせていただくにとどめ、いつか、原告が東京に行く機会も増え始める時期に使えるようにと貯めてきました。いよいよ東京へ行く機会も増えるようで、そのような金額に使う時も来ますとお話したこともあって、報告集会でのカンパが沢山集まりました。

    報告集会でよびかけたカンパ…74,917円
    宣伝行動での募金額…2,387円
    合計 77,304円
    沢山の思いをありがとうございました。

    ...続きを読む
  • 「夢洲での万博」誘致計画に関する質問と要望

    8月3日にこの要望書を大阪府政策企画部に出向いて提出しました。
    これへの回答は、懇談会の形で後日口頭でするという回答でした。

    「夢洲での万博」誘致計画に関する質問と要望

     私たち「大阪から公害をなくす会」(1971年設立。194団体および個人)は、人間優先の基本的立場で、大阪から公害をなくし、環境破壊を防ぎ、美しい自然ときれいな空気、きれいな水をとりもどすためにこれまで取り組んでいるものです。私たちは、これまでの経験から今回の「2025年大阪万国博覧会」の誘致が巨額の「公共工事」を必要とし、今でも「経費削減」を理由にさまざまな社会福祉・医療面、労働環境面、府民生活面での施策が後退している中で、府民生活の向上と改善に役立たないのではないかとの危惧を抱いています。

     しかし、そもそも安全対策上において夢洲での万博開催は大問題であるという問題意識をもっています。南海トラフ巨大地震が間近に迫っている中であり、以下に示す諸点について、大阪府として早急に回答いただきたいと考えます。合わせて私たちとの懇談の場を早期に設定していただくよう申し入れるものです。

    >続きを読む(PDF)

過去のトピックスへ
サイト更新情報
行事案内
第44回公害環境デー
おすすめBOOK