環境情報(毎月)カテゴリのエントリ
  • カテゴリ 環境情報(毎月) の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

機関紙・なくす会ニュース - 環境情報(毎月)カテゴリのエントリ

新型コロナウイルス・変異型は猛烈な感染力を発揮して広がっています。大阪のコロナ感染治療に関わる病院は完全に対応能力の100%を超える状況で、在宅のままでなくなる状況、またとりわけ高齢者施設での状況は、病院に入院できないため、施設が病院やICUのようになっているという状態は、非常につらいものです。

医療の専門家が少ない施設での対応の困難さは想像に余るものがあります。保健所機能も完全にパンクしており、それがさらに感染の広がりを促進しています。この一カ月は、いくつかのことで進展を予想させることがありましたが、とりわけ関電の原発3基の再稼働への動き、温暖化問題にかこつけて原発の新増設を押し出す自民党の動きは安倍前首相を先頭におしだし、他の諸々の動きと軌を一にして非常に露骨になってきています。

ただ野党側にも野党一致して追及する姿勢が少しずつ陰ってきている様相で、政権の無能力な状態の中で大変危惧されます。市民の一員として私たちもいろいろの運動に関わって声を上げ続けなければならないように思います。大変な状況ですが、一つ一つの取り組みに向き合っていきましょう。

金谷邦夫

詳細は本文を参照願います。

>続き・・・PDFダウンロードはこちら

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (140)

少し長くなりますが、3・11集会(3・6)の開会あいさつを引用いたします。3.11から10年が経過しました。東日本大震災・津波・原発事故の犠牲者、そしていまだに行方不明のままである皆さんへ黙とうをささげたいと思います。

2020年東京オリンピックを安倍前首相は、汚染水などアンダーコントロールと世界にうそをつき、復興オリンピックと位置付けました。しかしこの復興は今どこまで復興したか。太平洋岸の地震・津波・原発事故からの復興をそれぞれの自治体に聞いた調査では、岩手県、宮城県の2県では一つの町の80%を除いて全て90〜100%と回答しています。それに対して、福島県では80%復興の回答が全体の3分の1にとどまり、大熊町、双葉町、浪江町は20から40%にとどまっています。復興オリンピックとは福島の復興ではなく、「東京の復興」という意味だったのではという指摘もあります。復興してないことは「政府統計」でも3万人弱の避難生活を送っている方が残されていることからも明らかです。復興という名のもとに被害者が切り捨てられているのが現実です。被害者支援を引き続き行っていきましょう。

これほど大きな被害、復興の遅れを引き起こした原発事故のきちんとした総括や、県民への謝罪もないままに、今原発の利用への動きが強まっています。稼働・再稼働に対して、最低限の新規制基準に対して、規制委員長自体が「世界で最も厳しい水準」ということに「違和感がある」、基準合格を「安全」という脈絡で語ると「ある種の新安全神話だ」と述べています。今の原発活用の口実に「地球温暖化への対応」「二酸化炭素を出さない」ということが利用されるというとんでもないことが起きています。この結果は一定の影響を与え、「直ちに廃止」にならない世論の動きに若干現れてきています

しかしどう見ても、放射性廃棄物質の中間貯蔵や、永久貯蔵の根本的解決策がないままで、原発推進が進められるならば、管理できなくなり、核のゴミは将来の世代に大きな負荷をかけることになることは間違いありません。私たちはこの原発利用を進める政策や動きに反対し続けてきました。多くの国民の運動が少しずつ社会を動かしてきています。21基の原発の廃棄が決まり、再稼働は9基にとどまっているのは運動が一定程度反映していると言えます。「原子力村」の願望にもかかわらず、より危険なプルサーマル発電計画も縮小せざるを得ず、核燃リサイクルの狙いも次第に厳しい状況になりつつあります。また裁判の動向も、東電の責任だけでなく、原発推進政策を進めてきた国の管理責任を問う判決が強まりつつあります。しかし老朽原発再稼働、リプレース、小型原発開発で原発利用を進めようとする先頭に関西電力が位置していることを私たちは直視し、関電にねばり強い要請、抗議、そして包囲網を作り続ける運動を行い、また国会に提出されている「原発ゼロ基本法案」を直ちに審議することを要求します。

金谷邦夫

詳細は本文を参照願います。

>続き・・・PDFダウンロードはこちら

 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (355)

新型コロナ感染症は、2度目の緊急事態宣言で、若干減少に向かうかのようですが、吉村知事は不十分な減り方の中で独自の甘い基準で、早く規制を緩めようとしています。しかしそのように急げば、せっかく減りかけた新規感染者数がまた増え始める可能性が極めて大きくなるでしょう。早く正常な社会生活ができるようにするのは、今もう少し我慢する必要があります。

様々な会合や運動が制限されていますが、今しっかり知識と力を蓄えて、再開に向けて準備していきましょう。

金谷邦夫

詳細は本文を参照願います。 
 
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (239)

明けましておめでとうございます。と言っても、お祝い気分にはなかなかなれず、静かに過ごした正月でした。

経済優先の感染症対策の数多くの過ちで、今までにない速さで新型コロナウイルス感染がひろがっています。ヨーロッパや南米並みに広がる状態にならないかと危惧しています。

年末年始にもかかわらず様々なニュースが報道されました。ここでも、今までの政策展開が続くような感じがして、あまり良い感じにはなれない印象のみが残りました。

金谷邦夫

詳細は本文を参照願います。 

>続き・・・PDFダウンロードはこちら

 

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (229)

いよいよ大阪府下とりわけ大阪市内の新型コロナウイルス感染は広がり、いろいろの催しも控えざるを得ない状況が生まれています。

私が仕事をしている診療所でも、元感染者で体調不調、在宅勤務で仕事をしていたが…受診・検査で感染判明(診療所第1号)と身近に迫ってきています。大半は感染リスクの少ない高齢家族だけの方なので、マスク2枚で診察というスタイルに変えて診療。発熱・感冒患者にはシールドや手袋、ガウン等々装着でと対応を変えています。

しかし、3,4月ころの緊張感が大阪で薄れているのではないかな…?という感じもしないではありません。感染したときの自らの重症化リスクの高さを考えながら、身を守りつつ、仕事を続けるというのは、それなりに疲れます。しかしまだ感染者を「線で追い検査をする」体制から「周囲を面で検査をして無症状者を探し出す検査」への転換が専門家からも提案されないので、感染の広がりを抑えこむことはなかなかできないかもしれません。

さて国会では「答弁を差し控えます」の時だけきっぱりという姿には、国会も討論の場ではなくなったなという印象がますます強まっています。政治の劣化がどんどん進んでいく事態です。

久しぶりに、原発差し止めの判断が、地元大阪地裁で起きたことは驚き。地震の影響について最大リスクを考えない判断について、既に福井地裁で判断を示されていましたが、設置認定の不合理を問うた点でまた一歩進んだ判断になりました。高裁ではまた…とは思いますが。こうした積み上げが、裁判の中での「世論」形成に役立つだろうと考えます。(金谷邦夫)  

詳細は本文を参照願います。 

>続き・・・PDFダウンロードはこちら

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (344)
行事案内
おすすめBOOK