汚染米の根本問題
公害・環境デー  >  第37回公害環境デー  >  汚染米の根本問題

最悪の食品偽装事件
汚染米の根本問題

原  弘行 (農民組合大阪府連)

(1)大本「ミニマム・アクセス米の輸入は義務」とした農政」とした農政

主犯格は政府!商社・業者と悪のトライアングル

★MA米のノルマ最優先で輸入し、在庫を積み上げ
★在庫減らしが至上命令、応札業者との「持ちつ持たれつ」
★政府・商社合作の「食用⇒非食用」通関させ、即売却
★事故保険料も農薬検査料も政府もち

(2)小泉「構造改革」が悪徳業者を呼び込む

★政府が米管理責任者を放棄した、「新食糧法」改悪
★取扱業者は登録制から届出制に、20トンまでは届出も不要に

(3)追いつめられるミニマム・アクセス米と政府・農水省

★白日のもとにさらされた「MA米の害悪」
★「義務」とした政府統一見解の撤回をJA全中の要求
★輸入しても「買い手なし」から、輸入中止を勝ち取ろう

上記資料のPDF版はこちらをダウンロードしてください。
汚染米の根本問題
プリンタ用画面
前
高齢者を襲う大阪のヒートアイランド
カテゴリートップ
第37回公害環境デー
次
大阪府域の自治体の「温暖化対策行政」

行事案内
第45回公害環境デー
おすすめBOOK