第2分科会運営要項 「TPPと食の安全」
公害・環境デー  >  第44回公害環境デー  >  第2分科会運営要項 「TPPと食の安全」

第44回公害・環境デー
第2分科会「TPPと食の安全」 運営次第 

(1)日時 2016年1月30日(土)午前9時30分〜12時

 会場 エルおおさか 本館 7階・701号室  

(2)司会と午後の全体会での報告者 

 *司会…………………藤永のぶよ 
 *全体会での報告者…中村優・公害環境デー実行委員 

(3)分科会の目標 

 食の安全と言えば、一般的に「安心」「安全」が主張されますが、最も大事なことは「食の安定供給」=つまり自給率の向上です。これは、先進諸国では常識です。それを根底から揺るがすのが「TPP」です。本分科会ではTPPの到達点と問題を掘り下げます。一方で、食のあり方までを揺るがしているのが「機能性食品」など栄養補助食品と言われる食品群です。 

 私たちの大阪は自給率たったの2%です。この脆弱な都市の消費者として、あふれる情報に惑わされず、本物を見抜くしっかりした目が求められます。この分科会を、一年に一回の勉強の場・参加者との意見交換の場とします。 

(4)スケジュール 

 9:30     司会者による開会あいさつ 
 9:40〜10:20 第一報告「TPPの最新情報」
   農民組合大阪府連副会長  佐保 庚生氏 
 10:25〜10:55  第二報告「機能性食品・健康補助食品とは」 
   大阪市立環境科学研究所調査研究課(企画グループ) 中間 昭彦氏 
 10:55〜11:00   休憩 
 11:00〜12:00   全体討論 意見交換 

上記資料のPDF版はこちらをダウンロードしてください。
第2分科会「TPPと食の安全」 運営次第
プリンタ用画面
前
第1分科会資料 福島第一原発事故で起きた子どもの被害 甲状腺がんは多発?
カテゴリートップ
第44回公害環境デー
次
第2分科会資料1 TPP「大筋合意」と日本の食と農

第46回公害環境デー
行事案内
おすすめBOOK