【要請】第25期日本学術会議の要望にそって6名を直ちに任命してください [2020.12.26]
トップ  >  【要請】第25期日本学術会議の要望にそって6名を直ちに任命してください [2020.12.26]

内閣総理大臣 菅義偉 殿

第25期日本学術会議の要望にそって6名を直ちに任命してください

大阪から公害をなくす会会長 金谷邦夫

私たちは、公害のない、安全で豊かな大阪・社会・地球環境を目指しております。そのためには、憲法の民主主義・国民主権が必須要件で、大切なものです。世界の平和は軍事対応ではもたらせません。戦争は最大の環境破壊であり、日本国憲法9条を守り生かすことが重要です。そういう立場から今回の学術会議任命拒否問題について見過ごすことはできません。

貴職は、日本学術会議第25期会員任命にあたり、同会議が推薦した105名の会員候補者のうち、人文・社会科学の研究者6名を任命せず、しかもその理由について私たち市民が納得のいくようには説明されていません。

このことについて、思い出されるのは、戦前の「滝川事件」です。これは京都大学の滝川教授を「政府および皇室に都合の悪い学問上の考えを持っているからクビにせよ。」という圧力が、当時の文部省から京都大学に加えられたという事件で、この前後から戦前の思想弾圧が急激に進んでいきました。戦後になって、この「学問の自由」を弾圧し、学者・研究者と国民の批判をも封じたことを反省し、「学問の自由」「思想の自由」などが憲法に設けられたものです。

今回の学術会議任命拒否問題について、「学問の自由」が侵される問題と同時に「思想・信条の自由」が侵される重大な問題だと考えます。任命拒否の理由は「安倍政権が進めた戦争法に反対する意見を持っていた」からなどと言われ,政府に批判的な人を排除しようとしているもので、思想の自由を規定している憲法19条、信条によって差別してはいけないとしている14条に違反している行為といわざるを得ません。

公害のない社会をめざし、地球環境汚染に反対する運動に取り組んでいる私たちにとって、民主主義が基本的要件であり、自由で多様な言論活動が必要不可欠です。国民の批判を抑え込み、思想を弾圧し、独裁的な政治に移行して行きかねないと危惧します。国民の政府見解への批判を封じ、物言えぬ社会にすることは、決して受け入れられません

さらに貴職は、市民が納得のいく説明をせず、説明責任を果たそうとはしていません。

つきましては以下のことを強く要請します。

1. 第25期日本学術会議新規会員の任命拒否を直ちに撤回し、同会議の要望にそって6名を任命すること。

2. 貴職は今回の任命拒否をした理由について、私たち市民が納得のいくように説明すること。

 

2020年12月25日

大阪から公害をなくす会
会長 金谷邦夫

プリンタ用画面
前
【声明】菅首相は、第25期日本学術会議新規会員の任命拒否を撤回し、同会議の要望にそって6名を直ちに任命することを求めます。 [2020.12.25]
カテゴリートップ
声明・訴え・提言・方針
次
環境省の「サーベイランス調査報告」への検証結果がまとまる [2020.9.2]

行事案内


ソラダス2021

第25回環境学校 終了しました。
なお、青山政利先生の講演録(約1時間30分)をDVDにして販売しております。1部500円です。大阪から公害をなくす会事務局までお申し込みください。


環境省の「サーベイランス調査報告」への検証結果

おすすめBOOK