緊急シンポ 『どうする!地震国日本の原発・エネルギー』 5月15日(日)開催 [2011.5.10]
環境問題住民運動  >  原発・エネルギー問題  >  緊急シンポ 『どうする!地震国日本の原発・エネルギー』 5月15日(日)開催 [2011.5.10]

『原子力発電所事故とはどんなこと、原発なくせば停電するのでは、自然エネルギーを日本でどうして増やせばよいのか』と、いろいろ議論があるところではありますが、福島原子力発電事故の現状と今後について学び、そして自然エネルギー取組の先進国デンマークから学びたいと思います。

参加者のそれぞれの立場から今後に生かして国民的論議を呼び起こす手立てとなれば幸いです。下記のような緊急シンポを開催します。多数のご参加をお願いします。

 

1:日時・2011年5月15日(日)  (13:00 - 16:00)

2:場所・大阪府社会福祉会館・501

3:内容・「福島原発事故の現状と今後」「今後のエネルギーは」などの講演会とします

テーマ
・「福島原子力発電所事故の現状と今後」
  講演(関西学院大学、総合政策学部教授・尾藤 隆氏)

テーマ
・「自然エネルギー先進国デンマークから学ぶ」
  講演(風の学校代表、ケンジ ステファン スズキ氏)

4:その他。費用は無料ですが。会場内にてシンポへのカンパをお願いします

●会場住所、電話・〒542-0012大阪市中央区谷町7-4-15    TEL 06-6762-5681
●裏面にパネラーのプロフィールと会場地図を参照

・主催・ライフライン市民フォーラム(LLCF)相談会
・(協賛)団体、全労連近畿地方協議会・大阪自治体問題研究所
・連絡先・〒553-0003大阪市福島区福島2-8-16 コトブキビル五階501号
電力労働運動近畿センター気付06-4797-4414 FAX06-4797-4415
eメール  den-kinki3@cow.zaq.ne.jp 


 


>>詳しくはPDFファイルをダウンロードしてご覧ください

プリンタ用画面
前
原発推進「安全神話」を絶ち自然エネルギーへの転換を求めるシンポジウム 5月24日(火)開催 [2011.5.10]
カテゴリートップ
原発・エネルギー問題
次
原発で何が起こっているの? −青年が「原発」問題で学習会−

第46回公害環境デー
行事案内
おすすめBOOK