緊急学習講演会 福島第一原発事故を考える [2011.3.24]
声明・訴え・提言・方針  >  緊急学習講演会 福島第一原発事故を考える [2011.3.24]

緊急学習講演会 福島第一原発事故を考える

東北太平洋沖地震と大津波は、福島県に集中立地する原子力発電所を破壊し、炉心溶融、水素爆発など重大な事故が発生しています。テレビや新聞はこの事故を連日、大きく報道していますが、果たして肝心の所が伝えられているのでしょうか。

・電力会社は原発は絶対安全と言っていたのに、どうして大事故が発生したの?
・原発ってどんな原理なの?
・炉心溶融ってどんなことなの?
・放射能、放射線の危険は?
・チェルノブイリ事故みたいにならないの?
・汚染食品は食べてはいけないの?
・そもそも日本に原発は必要なの?
・若狭湾にも原発がたくさんあるけど大丈夫?

日本科学者会議大阪支部は、こうした皆さんの疑問、不安に答えるため緊急の学習講演会を企画しました。市民と科学者がひざを交えて、ともに考えていきましょう。

日時:3月29日(火)午後6時30分〜
会場:大阪民医連会議室 (地下鉄堺筋本町、左図参照)
話題提供:岩本智之 (日本科学+者会議、元京都大学原子炉実験所)
問い合わせ先:日本科学者会議大阪支部 (TEL 06-6373-0051)

>>チラシPDFファイルはこちらをクリックしてください

プリンタ用画面
前
「東北地方太平洋沖地震」に伴うライフライン関係団体からの緊急アピール [2011.3.24]
カテゴリートップ
声明・訴え・提言・方針
次
「東日本大震災の被災者救済、避難・仮設居住に関する第1次提言」の提出について [2011.3.23]

行事案内
第45回公害環境デー
おすすめBOOK